IWCを学ぶ

高値買取を期待できるIWCの時計について

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、スイスの時計メーカーです。創業時からスイスの伝統技術とアメリカの機械自動化の製造技術の一体化を目指し、 効率的で完成度の高い時計作りを行っています。1868年の創業当初のIWCは、懐中時計の会社でした。しかし、1915年より本格的に腕時計の製造に参入しました。 その当時発売された製品は、現在でもアンティーク時計として人気です。

IWCの時計は、部品の磨耗が少ないため、長期間使用した場合でもオーバーホールすることで精度が戻ると言われています。現在では、デザインは変更されたものの、機能性は変わっていないため、世代を問わず高い評価を受けており、買取の価格の水準も高くなっています。

IWCの中でもポルトガルの時計商・ティシェイラとロドリゲスの要望によって開発された「ポルトギーゼ」は、「懐中時計用のキャリバーで、高精度の腕時計を作る」というコンセプトで作られていて、ひと目でIWCの時計とわかる個性と存在感を兼ね備えたデザインが魅力的です。その精度の高さだけでなく、革ベルト腕時計の人気により、近年急激に買取額がアップしています。新品同様のものであれば40万円以上の査定額がつくことも珍しくありません。B級の中古品でも状態によっては35万円ほどで買取ってくれる場合もあります。

また、国空軍用としてデザインされた「パイロットウォッチ」は、IWCの中で最も大きな時計です。文字盤の中は比較的シンプルなデザインとなっていますが、時計にボリュームやインパクトを求める人にとってベストパートナーになると言えそうです。高級感溢れるデザインが人気の理由となっており、こちらも、買取の際は高値での取引となることが多いです。中古の良品であれば20万円以上で買取ってもらえることもあります。 IWCの腕時計を持っている方で買取を希望される方は、高値の査定が期待できますので、まずは気軽に買取の査定を受けてみることをおすすめします。